企業理念

当社は、経営理念として掲げる「共存共栄」「地域貢献」に基づき、地域に根ざしたレンタル業分野を軸に、企業経営に必要な付加価値の高いサービスを提供してお客さまと共に発展・成長することを目指しています。
加えて、当社自体が業務効率化や情報力・人材力向上による「企業力強化」、新しいレンタル商品にも取り組み、持続的な成長の実現と企業価値の向上に注力しています。


SDGsとは

SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。

2015年9月、「国連持続可能な開発サミット」がニューヨーク国連本部にて開かれ、国連加盟国によって採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。
貧困に終止符を打ち、地球を保護し、全ての人が平和と豊かさを享受できるようにすることを目指し、17の目標と169のターゲットで構成されています。
地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。

株式会社朝日レンタックスは、国連が提唱する「接続可能な開発目標」に賛同し、接続可能な社会の実現に向けて事業を展開していくことが重要だと考えます。
現在も、事業特性を踏まえ、SDGsの目標の中から取り組むべき課題を抽出し、それらの解決に向けたサービス展開をしています。
引き続きこれら課題の解決に向けた事業を積極的に推進していきます。


私達のSDGsへの取り組み

株式会社朝日レンタックスでは、国連が掲げた目標の中から「ジェンダー平等を実現しよう」「働きがいも経済成長も」「産業と技術革新の基盤をつくろう」「つくる責任 つかう責任」の4つを選び、達成に向けて活動を行っています。

【ジェンダー平等を実現しよう】
業務内容に問わず女性の採用を行ない、さらに能力強化と仕事への意識向上につながる環境をつくる。
【働きがいも経済成長も】
積極的に若者雇用に取り組み、就労、就学及び職業訓練のいずれも行っていない若者の割合を減らすことに貢献します。
また企業として事業を拡大していくことで、日本の経済成長を支援していきます。
【産業と技術革新の基盤をつくろう】
日々進歩する業界において、新たな産業を生み出し、世の中に普及させることで、技術競争を高めてすべての人が身近で便利な物として使える環境と基盤作りに貢献します。
【つくる責任 つかう責任】
事務用品や測量機器、足場レンタルを主力事業とする当社は、必要な商品を必要な時に、必要な人へ“レンタル”することを通して「3R(Reduce(リデュース)、Reuse(リユース)、Recycle(リサイクル)の3つのRの総称)」を推進し、「つかう責任」を果たすことで、持続可能な社会の実現に貢献します。
    ページ上部へ戻る PAGE TOP